活動日記

平成29年度スマートウェルネス住宅等推進モデル事業を進めています

 

古家空家調査連絡会・福岡市社会福祉協議会共同事業体が進める、「ひと・いえ・まち リエゾンプロジェクト」が、国土交通省より平成29年度スマートウェルネス住宅等推進モデル事業に採択されました。

今期で2期目になる当事業は、福岡市社会福祉協議会の地域密着型ネットワークを用いて地域で増加している潜在・顕在の空家情報を入手し、法務税務や建築面などの空家を取り巻く諸課題を整理・解決するということを目的としています。

空家の福祉転用時の優遇税制等を援用し、サロンや子ども食堂等、地域共生型の居場所として福祉的な活用ができるシステムの確立する一方、空家を住宅として利用することで「住まい」の確保を行うとともに、介護予防や地域福祉活動といった暮らしの面、つまり「住まい方」の支援も同時に行い、高齢者の地域生活の実現を目指す地域包括ケアシステムを、全住民に対象を広げた汎用モデルを実現することを目標して取り組んでいます。

このスキームは、空家情報を地域から収集すると同時に、そこに住む住民の住まい方や暮らし方の支援も可能とする、空家問題と住まいと暮らしの問題の両方を解決する仕組みを持ち、空家発生の未然防止にも大きく寄与します。

空家に関する社会問題ばかりが着目されがちですが、既存の古家を社会貢献型に役立て、循環型の社会の実現と、やっかいものにされがちな空家の再生で地方の活性化を目指すこの事業が生み出す結果に、ぜひご注目下さい。